コインランドリーってどんなビジネス?

コインランドリーの経営とは、空店舗・遊休地などのちょっとしたスペースから郊外を想定した大型施設まで、お手持ちの資産で手軽に始めることが出来る、堅実で安定したビジネスです。

洗濯・乾燥は日常生活に密着しているだけに常に一定の利用客を獲得でき、また利用者が直接お金を入れて洗濯をするため、収入はすべて現金で入ります。

最近では単身者や学生のみならず、共働きで時間のない夫婦やサラリーマンなど幅広い年齢層で利用されており、不況に負けることなく順調に拡大する市場として近年注目を集めているビジネスなのです。

ここではコインランドリービジネスの歴史や特徴、今後の市場予測データの概要などをご紹介いたします。

拡大するコインランドリー市場

graff0717

1930年代に欧米でスタートしたランドリービジネスはその後各国に普及し、我国では1960年代から急速に市場拡大が始まりました。

その後も店舗数は着実な伸長をつづけ、堅実な安定ビジネスとして社会的認知を獲得しました。

とりわけ女性客が安心して利用できる快適な店舗が大きな伸びを示しているのが特徴と言えます。

単なるサイドビジネスとして安易な形での店舗経営時代は終わり、新たなサービス空間として、消費者に認知されつつあります。

※右のグラフをクリックすると大きく表示できます。

現代のニーズに応えたビジネス

menu01_graph02

まとめ洗いを早く済ませたい、家庭で洗濯しにくい毛布やカーペットなど「大物」を低価格できれいに洗濯・乾燥したい。
そんな現代のニーズに応えるショップとして急成長しています。

雨の日にはコインランドリーの利用者が増えますが、洗濯乾燥機はその便利さから、晴れの日でも花粉などのアレルギー対策として日常的に利用されている人も増えてきております。

近頃では「天候に左右されない安定したビジネス」として売り上げを確保することができます。

幅広い世代から支持されるコインランドリー

コインランドリーの便利さから、主婦層だけではなく単身者・学生・会社員など幅広い年齢層で利用されています。また、遠くからでも車で来店することから、商圏エリアが大きいということもコインランドリービジネスの特徴です。

menu01_graph03