ビジネスメリット

女性の社会進出、共働き世帯の増加、高齢化や若い世代のライフスタイルの変化など様々な社会的影響により、今後もより一層の市場拡大が見込まれているコインランドリービジネス。

効果的な土地・遊休地の活用、既存の店舗を活かしての転職、複合の店舗展開事業の相乗効果等をお考えのオーナー様にコインランドリーを経営する際の様々なメリットをご紹介いたします。

1.低投資で始めることができる事業

店舗取得費が他業種に比べて低く、開業準備に関わる人件費等がかかりません。

また、機器などをリース契約にすると低投資で開業することができます。

2.遊休地などを活用できるビジネス

土地が資産価値を持つ時代は終わり、収入源として積極的に活用する時代です。

コインランドリーは、他の事業や店舗だと不向きと思える場所でも高収入が期待でき、空店舗や遊休地などの有効活用に最適なビジネスです。

3.物件取得が比較的やさしく、出店しやすい

一等立地の出店ではなく、二等立地でも、メイン通りからはずれていても、コインランドリー店は出店可能。

したがって、他業種・他店舗の方が出店できない場所でも出店することができ、比較的物件確保が簡単で、家賃も低く抑えることができます。

4.現金商売で人件費は不要

コインランドリーは、セルフサービスなので人件費はほとんど不要です。

また、文字通りの現金商いですから、売掛金も発生しません。経営しやすい、利益率の高いビジネスといえます。

5.時代や景気に左右されない安定したビジネス

洗濯や乾燥は生活に欠かせないものだから、景気の好不況に左右されることのないビジネスです。

むしろ、不況時には、クリーニング店に出さず、コインランドリーで安く洗濯しようと、売上増になるケースもあります。