メリット・デメリット

このページでは、コインランドリーを経営する際の様々なメリットデメリットをご紹介いたします。

メリット

1. 専門的な知識は不要

機械の操作マニュアルがあるので、専門的な知識や技術は必要ありません。
経験のない方でも何の問題もなく開業できます。

2. 時代や景気に左右されない安定したビジネス

洗濯や乾燥は生活に欠かせないものなので、景気の好不況に左右されることのないビジネスです。むしろ、不況時にはクリーニング店に出さず、コインランドリーで安く洗濯しようと、売上増になるケースもあります。

3. 低投資で始めることのできる事

店舗取得費が他業種に比べて低く、開業準備に関わる人件費等がかかりません。
また、機器などをリース契約にすると低投資で開業することができます。

4. 現金商売で人件費は不要

コインランドリーはセルフサービスなので、清掃業務等をご自身で行えば人件費はほとんど不要です。また、現金商いですから、売掛金も発生しません。
経営しやすい、利益率の高いビジネスといえます。

5. 遊休地などを活用できるビジネス

土地が資産価値を持つ時代は終わり、収入源として積極的に活用する時代です。
コインランドリーは、他の事業や店舗だと不向きと思える場所でも高収入が期待でき、空店舗や遊休地などの有効活用に最適なビジネスです。

6. 物件取得が比較的やさしく、出店しやすい

一等立地の出店ではなく、二等立地でも、メイン通りからはずれていても、コインランドリー店は出店可能です。したがって、他業種・他店舗の方が出店できない場所でも出店することができ、比較的物件確保が簡単で家賃も低く抑えることができます。

7. 節税効果

設備の耐用年数を考えた上での減価償却、中小企業投資促進税制、小規模宅地等の特例、経費の計上によって節税をしていくことが可能です。

 

デメリット

1. 人気とともに競合激化

年々、需要が伸びているがゆえ、同業者が新規参入して競争が激化するリスクも考えられます。近隣にコインランドリーがないか、今後出店の可能性があるかを見極める必要があります。

2. トラブル(機械、人的、盗難などの犯罪)

「機械の故障」「不審者等による迷惑行為」「洗濯物の盗難」など、無人運営ならではのトラブルが発生するリスクがあります。

3. 赤字のリスク

集客がうまくいかずに売上が軌道に乗らない場合、赤字となるばかりか融資の返済すら滞納するという最悪のケースも考えられます。そうならない為に、当社では出店計画から運営レクチャー、宣伝促進活動まで安心のサポート体制で開業を支援致します。

4. 定期的なメンテナンス、清掃

機械ですので、定期的なメンテナンスが必要になります。特に乾燥機の内側にたまるホコリやゴミは故障の原因になりますので、清掃はこまめに行いましょう。
週2回の清掃・フィルター掃除・月2回程のコイン回収が必要です。

 

デメリットを見てしまいますと、気が引けてします部分もあるかと思います。
当社では、トラブルやリスクに関しましても万全の体制でサポート致しますので、安心してお任せください。

サポートの詳細につきましては、安心サポートをご覧ください。